包茎は性病になりやすい?

包茎が重度なら保険適応ですよ

包茎のまま生活をしている人、正直言うと性病などの病気にかかりやすいというリスクがあります。

 

何故なら亀頭が皮膚で覆われている為に不潔になりやすく、刺激にも弱いからです。

 

意識的に清潔にしていないとたちまち細菌の溜まり場になってしまうから、注意が必要です。性病から少し離れますが、一番有名な病気としては「亀頭包皮炎」や「尿路感染症」などが挙げられます。

 

 

 

亀頭包皮炎とは亀頭や亀頭を包む皮に炎症が起こる病気で、状態が進むと尿路感染症になり、尿を出すたびに激痛が走る症状が出てきます。

 

この2つはセットで発症する事が多いです。次に包茎の人が感染しやすい性病として主なものが【尖圭コンジローム】です。亀頭やペニス、肛門など、至る所にカリフラワー状のイボイボができます。

 

先端が尖って鶏のトサカのようになっているため、このような名前が付けられています。

 

痛みや痒みは出ずらいですが見た目が気持ち悪いので、気になったら病院へ。別の病気を誘発する特性もあり注意が必要です。

 

他にも【性器ヘルペス】があります。亀頭部分に水泡ができ、足の付け根のリンパ節が腫れたりします。尿道から分泌物が出ることもあります。

 

最後は【クラミジア】で、排尿時の違和感、痛み、尿道のかゆみ、灼熱感、不快感などの症状があることもあります。炎症が強い場合、尿道からの透明または白色の分泌物が出ることもあります。

 

しかし感染した男性の約半数が全くの無症状なので、知らない間に他の人にうつしてしまう危険性があります。

 

又他の感染症にかかる恐れもあり、HIVの感染率もぐっと上がってしまうのです。これらは全て包茎の男性がかかりやすい病気だと言われています。

 

包皮や亀頭を不衛生にしているとどうしても感染しやすい環境となってしまいますので、常に清潔にしておく事が予防につながります。思い切って手術という方法もありますので、調べても良いでしょう。